沿革

昭和49年 6月 土地の有効活用の為の賃貸建物の建築を目的とし、名古屋市千種区に大東産業(株)を設立。(資本金100万円)
昭和53年 9月 大東産業(株)から大東建設(株)へ社名変更。
昭和55年 3月 中途空家時の家賃保証を行う大東共済会(株)を設立。
昭和63年 4月 大東建設(株)から大東建託(株)へ社名変更。
12月 本社社屋を建設し(現名古屋支店)、名古屋市中川区福住町に移転。
平成元年 1月 1989年 (平成元年) 1月
3月 名古屋証券取引所(2部)に株式を上場。
平成2年 3月 売上高1,000億円突破。
4月 本社を東京都品川区に移転。
平成3年 3月 経常利益200億円突破。
9月 名古屋証券取引所(1部)に指定替え。
平成4年 2月 東京証券取引所(1部)に株式を上場。
3月 売上高2,000億円突破。
平成5年 3月 経常利益400億円突破。
6月 つなぎ融資等を目的とする大東ファイナンス(株)を設立。
平成6年 1月 不動産の仲介業務を手掛けるハウスコム(株)を設立。
平成7年 4月 ニュークレストール24発売。
8月 中国に上海大東建托有限公司を設立(平成7年7月)し、上海市で外国人向け賃貸住宅開発事業に着手。
10月 地域別の販売会社10社を設立。
平成8年 1月 株)トップアンドホメックスの経営権を取得し、ホームセンター事業に参入
9月 大東アジアディベロップメント社および大東アジアインベストメント社を設立し、マレーシアホテル開発事業に着手。
本社を東京都港区芝公園に移転。
平成9年 2月 本社用地を品川駅東口再開発地区に取得。
4月 小林建設(株)の経営権を取得し、大東スチール(株)へ
5月 大東建設(株)を設立。
平成10年 7月 関西地域の賃貸物件仲介を手掛ける関西ハウスコム(株)を設立。
モバイル端末導入。
10月 経営の効率化を目的として、販売会社10社を吸収合併。
平成11年 2月 ケアパートナー(株)を設立し、在宅介護事業へ進出。
9月 賃貸建物管理業務の強化をはかる為、大東建物管理(株)を設立。
平成13年 6月 (株)ガスパル関東及び(株)ガスパル中部を設立し、LPガス供給事業へ参入。
11月 国内初のノンリコースローンを導入開始。
平成14年 6月 株)ガスパル近畿、(株)ガスパル中国及び(株)ガスパル九州を設立。
8月 新日本電建(株)が営業開始。
平成15年 1月 管理を受託する戸数が30万戸を突破。
3月 上海ガーデンプラザがグランドオープン。
4月 本社を東京都港区港南(品川イーストワンタワー)に移転。
7月 新日本電建(株)から大東住託(株)へ社名変更。
平成16年 1月 ハウスコム(株)と関西ハウスコム(株)を統合。
4月 多田会長、麻田社長就任。
大東住託(株)と大東建設(株)を合併し、大東住託(株)へ。
8月 賃貸仲介事業のブランド名を「いい部屋ネット」に。
9月 メリディオツーフォー発売。
10月 マレーシアホテル(ル・メリディアン・クアラルンプール)オープン。
12月 (株)ガスパル東北を設立。
平成17年 5月 障害者雇用促進を目的として、大東コーポレートサービス(株)を設立。
6月 管理を受託する戸数が40万戸を突破。
7月 ガスパルグループ各社を合併し、(株)ガスパルへ。
平成18年 2月 大末建設(株)と業務・資本提携。
7月 「賃貸経営受託システム」を導入。
10月 多田会長兼社長就任。
平成19年 7月 管理を受託する戸数が50万戸を突破。
8月 入居者様からの緊急連絡に対応する「大東お客様センター」開設。
10月 多田会長、三鍋社長就任。
10月 連帯保証人不要サービスを行うハウスリーブ(株)を設立。
12月 上海ガーデンプラザを売却。
平成20年 4月 大東共済会(株)と大東建物管理(株)を合併。
平成21年 7月 管理を受託する戸数が60万戸を突破。
平成22年 7月 大東建物管理株式会社全額出資の大東ファーム株式会社を設立。
平成23年 6月 ハウスコム株式会社が大阪証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)に上場。