契約

一般媒介 貸主が複数の不動産会社に媒介を依頼できる契約形態。依頼先を明示する契約と、しない契約がある。
違約金 契約の際に定められる、契約違反時に支払う金額の事。
印鑑証明 現住所のある市区役所・町村役場にて発行できる実印の証明書。事前に実印の登録が必要。
解約引き(敷引金) 償却金とほぼ同意語で、契約終了後に返金されない金額の事。一般的にはこれが退去後の補修費用として充当される。
解約予告 契約した物件を退去・解約する際に契約書内の期限までに貸主・管理会社へ通知する決まりの事。通常は退去の1ヵ月~3ヵ月前。
貸主 賃貸物件の貸し出し主で、取引形態では賃貸物件の募集や契約等の手続きを、貸主及び転貸者自身で行うこと。仲介手数料は発生しない。
管理会社 貸主から物件の管理等を委任されている会社の事。トラブルや解約予告等は管理会社へ連絡する。
管理費(共益費) 入居する住居の共用部分の維持・管理の為に毎月支払う費用で家賃と共に納める。よって仲介手数料の記載「家賃●ヶ月分」の中には含まれない。
契約期間 物件の賃貸契約期間。首都圏では基本的に2年間で、期間後は更新手続きが必要となる。
原状回復義務 賃貸契約の終了時、借主の故意や過失等により変わってしまった箇所を元の状態に戻す義務の事。自然消耗・劣化等による変化は含まれないとされる。
更新料 賃貸契約期間終了後、引き続き契約更新を行う際に支払う費用。家賃の一ヶ月分程度が目安で、別途仲介会社への更新手数料が必要な場合もある。
※大東建託は更新料・更新手数料はかかりません。
敷金(保証金) 入居者の家賃滞納・契約違反時のための担保として支払う費用。原則として解約時に返金されるが、一部または全額を原状回復費として充当される場合が多い。)
借家契約 定期借家契約とは逆に「正当な事由がないかぎり家主から契約を終了することは出来ない」契約の事。
重要事項説明 契約時、契約の内容・建物の内容・条件・特約等を書面にし、読んで説明をすること。宅地建物取引主任者が行う。
初期費用 賃貸契約時に支払う費用で、敷金(保証金)・前家賃・管理費(共益費)・仲介手数料などがそれにあたる。
善管注意義務 借主が部屋を過失・故意などで傷つけないように管理する義務のこと。これに基づき原状回復義務と併せて補修費の請求が行われる。
専任媒介 貸主と不動産会社の取引で、一つの不動産会社のみに媒介を依頼する貸主と不動産会社の契約。2週間に1回以上は不動産会社より営業活動の状況を書面で受けることができる。仮に依頼者自身で契約をする際は、その不動産会社に営業費用等を払う必要がある。
即入居 賃貸契約後、すぐに入居可能になること。家賃は引越の時期に関わらず契約成立と同時に発生する。
損保 損害保険の事。一般的には契約時に併せて指定の保険へ加入を行うものが多いが、任意の場合もある。補償内容も様々なので契約時に要確認。
宅地建物取引主任者 宅地建物取引主任者証所持者。不動産取引の際、宅地建物取引主任者証を提示し、重要事項を説明し、重要事項説明書の内容確認、記名・押印等を行うことができる。
仲介(媒介) 不動産会社が貸主と借主の間をとりもち契約を行うこと。一般的に仲介手数料が発生する。
仲介手数料 仲介・代理の取引形態物件の契約に際して、不動産会社に支払う報酬的要素の費用。賃貸契約では家賃の一ヶ月(消費税含む)が上限とされる。
定期借家契約 契約時に設定した期間の満了をもって更新が行われない期限付き契約。貸主は公正証書交付などの通知が必要で、契約終了の通知は契約期間1年以上の場合、期間満了1年前から半年前迄にしなければならない。半年前迄の通知がない場合は、通知の日から半年後迄の契約が可能。また貸主の合意があれば、契約更新は可能。
特約 契約の際に取り決める特別な約束事で、主に原状回復に関する特約などが多い。契約時に確認要。
特優賃 特定優良賃貸物件の略で、地方自治体などが定めた基準を満たす物件に家賃補助を行い希望者に貸し出している。礼金・更新料・手数料はない。
取引形態(取引態様) 不動産会社が賃貸物件の契約において、貸し手と借り手の間で行う取引の種類。仲介・代理・貸主の形態がある。
入居審査 入居希望者を貸主・不動産会社・審査会社が入居可能か様々な条件に当てはめて審査すること。
入居申込書 入居する物件を決めた際に不動産業者が用意し、その業者へ提出する書類。主に入居審査などに使用されるが、契約書ではない。
日割り家賃 契約月(契約起算日から月末迄)の家賃を日割計算した費用。
前家賃 契約成立月の家賃のこと。契約時に初期費用としその月の家賃を支払うため前家賃と言う。日割りで計算されるが、月下旬の契約などでは次月分が含まれることもある。
申込金 契約希望の意思表示の意味で申込み時に支払う費用。契約手続きに進むと手付金にあてられるケースが多い。
ルームシェア 一戸の住居で複数の人が共同生活すること。ミングルのようにあらかじめ共同生活を前提とした住居もあるが、そうでない場合は貸主の承諾を得る必要がある。
礼金 貸主へのお礼として借主が契約時に支払う費用。契約終了後も返金されない。
連帯保証人 借主の家賃滞納などの債務不履行時に責任を負う保証人のこと。単なる保証人よりは責任が重く、貸主からの請求に応じる責任がある。

設備・機能

ウォークインクローゼット クローゼットの中でも大型のもの。主に衣類用のハンガーバーが付いていてる
エントランス マンションなど大型集合住宅の入り口の事。各戸のポストや住人向けの掲示板などが設置されていて、照明などデザインに凝ったものもある
追い焚き機能 浴槽のお湯を沸かしたり、高温のお湯を足す事で水温を調整出来る機能
オートロック マンションなど集合住宅のエントランス部分を各住人の部屋から開け閉め出来る機能。セキュリティ対策として使用される
押し出し窓(繰り出し窓) 浴室などに設置されることの多い、上下開閉できる窓。開き幅が小さい
カウンターキッチン(対面式キッチン) キッチンとリビングの仕切り壁の代わりにカウンターが設置され、キッチン設備がある。お互いの状況が把握でき、会話も可能
可動間仕切り 部屋の広さをを用途に合わせ、2つにしたり1つにまとめたりする仕切り壁の事
ガレージ 屋根付き駐車場。一般的に屋根がないとパーキングと言う。
共有部分 集合住宅内において「住人すべての人が利用可能な施設、スペース」の事。例えば、エレベーターや階段、廊下を始め避難経路となるベランダ・バルコニーなども含む
クローズドキッチン(独立キッチン) キッチンがリビングや居室とは独立した部屋になっている。独立キッチン
クローゼット 居室に設置された収納庫の事で、主に衣類の収納などに利用する。その為にハンガー用のバーが付いているものが多い。
クッションフロア(CF)(合成樹脂系床材) ビニール製の床材で、防水性に優れ清掃しやすい事などからキッチンや洗面所に利用される事が多い。合成樹脂系床材とも言う。
CATV(ケーブルテレビ) CableTelevisionの略で、アンテナを使わずケーブル経由で観るテレビ。地上波よりもチャンネルが多く、番組も多種多様。
サービスルーム(SR) 他に納戸・フリースペース・多目的ルームなどとも言う。窓が無いなど居室としての採光基準や換気基準を満たしていない部屋状の収納スペースで、主に荷物の収納部屋等に利用される。

サービスバルコニー 通常のバルコニーよりも小さく、補助的な役割を持つバルコニーで、キッチンの側や北側にありゴミ置き場、室外機置き場などに利用される事が多い。

サニタリー 浴室、トイレ、洗面所などの総称。英単語Sanitary「衛生的な」が由来
サムターン 扉の居室側についている施錠用のひねり金具のこと。「サムターン回し」という外側からサムターンを開錠する空き巣の手口がある。
三点給湯 住居の三カ所(キッチン・浴室・洗面所)の給湯設備を一つにまとめたもの
CS(CS放送) Communications Satelliteの略で、通信衛星を使った受信形式のテレビ番組の事。SKYperfecTV(スカパー)などが一例で様々な国の番組も観られる。 ※賃貸においての意味はその住居にCSアンテナを設置してあるので、個別に設置の必要なくCS契約が出来ることを示す
システムキッチン キッチンの機能を一体化した設備。具体的にはコンロや流し、調理台やオーブンなど。その他の機能が付く事もある。
シャワートイレ 温水洗浄機能や乾燥機能がついたトイレの事。
シャンプードレッサー 洗髪用のハンドシャワーが設置されている洗面台のこと。洗髪洗面台と表記されている事もある。
シンク 流し台の事。台所や洗面所にあるものや外の水道にも設置されている場合もある
スロープ(傾斜路) 勾配のある通路で、主に車椅子や歩行障害のある人が段差のある道や階段の代わりに利用する。
洗濯パン(防水パン) 洗濯機置き場に設置されている防水目的の受け皿。
専有部分 集合住宅内において「借主が単独で利用する施設、スペース」の事。例えば住居内は専有部分、バルコニーは避難経路になるので共有部分になる。

専用庭 独占使用が可能な住居前の庭
ダウンライト 補助的な照明として利用される、天井に埋め込まれた下方のみを照らすライトの事。装飾的要素もある。
ダクト 換気や空調設備の通路として利用される配管の事。

宅配BOX 宅配便を不在時にも受け取る為に共用部分に設置されているBOXの事。需要は高く、最近増えてきている設備の一つ。
暖房便座 保温機能がついた便座の事。温度調整などが出来るものが多い
TVモニター付ドアホン 部屋にあるTVモニターのついたインターホンから玄関、またはオートロックのあるエントランスに訪れた人を確認出来るインターホン。防犯面で効果がある。
テンキーロックシステム 玄関の扉を暗証番号で開け閉め出来るシステムで、鍵を紛失する心配はない。鍵での施錠も出来るタイプがほとんど。
出窓(ベイウィンドウ) 住居の壁よりも外に突き出た形状の窓で視覚的に広がりが出る上、奥行きによっては飾り棚にもなる。
天袋 押入の更に上にある小型の収納で、一般的には天井に接している
天窓(トップライト) 天井部に設けられた窓。採光や通風を目的としていることが多い
ドアスコープ 玄関扉に設置されている覗き窓で扉を開けずに外を確認することが出来る。
トランクルーム 住居外にある入居者が利用できる収納庫。広さは様々で一戸建てにあるプレハブの物置のイメージ。
PS(パイプスペース) 各種配管(ガス・上下水道・給湯)が設置されているスペース
掃き出し窓 足下から2m程度の大型窓で、室内から外やバルコニーの出入りも可能
バリアフリー 高齢者や身体の不自由な人などが生活しやすいように造られた建物や庭の設計。例えば、床の段差を無くしたり、手すりや階段の横にスロープが設置されている構造の事。
バルコニー 住居の外壁からせり出して造られているスペースで、屋根が付くとベランダというのが一般的。
ビルトイン 建築時に収納・エアコンなどを住居内に取り付け、住居と設備が一体化させてある設備。種類は様々。
フローリング 木製の床材で、比較的簡単に清掃や維持が出来る。畳やカーペットに比べ防音性や保温性に欠けるが、最近の物件では二重床構造などでその問題もかなり解消されている。
ベランダ 住居の外壁からせり出して造られているスペースで、一般的に屋根がある場合をベランダ、無いとバルコニーと呼ばれる。
ポーチ 玄関から突き出ているスペースで建物とは別に屋根(ひさし)も付いている。マンション・アパートなどでも一戸建てのように取り付ける物件が増えている。
MB(メーターボックス) 各種メーター(電気・ガス・水道)が設置されているスペース
面格子 セキュリティ対策として一階部分や廊下と面している小窓などに設置される縦向きの格子。材質は様々。
床下収納 キッチンの床などについている保存用食料などを保管する為の収納庫
ユニットバス(UB) 浴槽・床・天井・洗面台の「全てが一体化」されているスペース。一般的には浴槽・トイレ・洗面所が「一室になっている」ものを指す場合が多い。
浴室乾燥機(乾燥機付浴室) 浴室に乾燥機があり、これで衣類の乾燥が行える。また浴室を乾燥できる為、防カビ効果もある。
ルーフバルコニー(ルーフガーデン) バルコニーに比べ、スペースが広い。階下の屋根(ルーフ)を利用したバルコニーの事。特に庭のないマンションでは利用価値が高い。
レンジフード 調理場に設置されている換気用のフードで、奥に換気扇がある。